*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*避妊手術にまつわるエトセトラ・・・*
今回三度目の正直で避妊手術に至ったフィオーレ。
手術に至るまで、また手術のことをなど書き留めました






一度目は手術の予定日を三日前にして生後十ヶ月で初ヒート
それであえなく延期に。。。
おヒート自体はそりゃねぇ・・成長の証♪ 御目出度いに相当することなんですけど・・
うちにはブラブラがついた♂イリーがいて、♀ヒート=♂♀の発情期。。
フィオが発情期を迎えたという事は、イリーも発情期・・となるわけで
様々な理由から繁殖を望まない我が家にとっても、いつもフリー生活をしているイリフィオにとっても 一大事なことだったわけです。。

イリフィオは父方の祖父が同じ、母方の祖父と祖母は兄弟という血統ですし
フィオーレは先天性といわれる膝の手術もしていますので万が一・・なんてことがないようにそれはそれは気を遣い、特にイリーのストレスは計り知れないものでしたので毎日ぐったりでした。。
発情期ですから普段は兄妹として仲良しな二頭もこの時ばかりは目がハート
フィオが初めてのヒートという事と淡白なイリー?が幸いして何とか間違いを犯さずに初ヒートは過ぎてゆきました・・・ホッとしました。。。




二度目は、次のヒートが来る前で手術可能な期間に・・と思いヒートから二ヶ月経った頃に手術の予約をしました。そのことについては先月の「帰されたフィオーレ・・」に書いてありますので・・こちらをど~ぞ。






三度目の正直?!
一ヶ月間投薬をし様子見ということになってましたフィオの肝臓の数値。
前回の数値がかなり高いと先生が心配していた為、もしや・・下がったとしてもまた正常値を超えていて今回も見送り~になる可能性も考えておかなくちゃぁ。。と半分半分の気持ちで血液検査に行きました。
前回は朝 フィオだけをポイと預けてそれから検査→手術のはずだったので、今回はフィオのストレスを少しでも軽減する為に前日私とイリーが付き添って検査をしました。
薬が効いたのか??それとも元々問題はなく前回たまたまだったのか?分かりませんが、気になる数値は全て正常範囲。健康ってことだし手術も可能になりまずは一安心です。

手術当日も時間ギリギリに連れて行って手術となりました。
無事成功し、当日はまだ麻酔のせいもあって低いテンションでしたが翌日の今日は朝からイリーと寝そべりながらガウガウを軽くこなすまでになっていました。
さすがにいつもの動きは出来ないし、よく寝ていますが傷を気にする事もなく食欲もかなり旺盛♪元気にしています。大小のおトイレもお陰様で順調です^^v

017_20080726203247.jpg







肝臓のことに関しては、、膝の手術時には正常だったのであまり深くは考えていませんでしたが、
もしこのまま数値が下がらなくても困るので 一応良さそうと思われることを投薬以外にも実行してみました。
といっても、、何をしたらいいのかさえ分かってないので たいしたことはしていません ^^; 
フードはブリーダーさんからやってきたときの物から一度変えただけでずっと同じ物を食べていて、それで前回は正常だったので先生と相談して今回フードは同じ物を続けることにしました。

ネットでちょっと調べたり、お友達のブログやお話を参考にさせて頂いたり、先生に相談したりして実行したことは.....

*高蛋白過ぎると肝臓の負担になるので、オヤツのジャーキを減らす(元々沢山は食べていませんでしたが・・)
*納豆やゴマが良さそうなのでトッピングする(これは元々してはいました)
*お魚を減らす(ネットでお魚も良くないような記述を見たので、お魚が大好きで肉よりトッピング回数が多かったので控える事に)
とまぁ、研究熱心なみなさまに比べ・・元々アバウトな飼い主ですから^^;
一応気になることはやってみよう程度で、、これが効果的であったかは定かではアリマセン ^^;;

イリーも若干ですが肝臓ALTの数値が高いので、この調子で様子を見て次回の検査をしようと思います。(たぶん来年ですけどね^^;)





そして避妊手術に関しては賛否両論・飼い主の方針・その子の体調・メリット&デメリット等 様々な意見があると思いますが、フィオーレに関しては 飼い主の勝手で繁殖の予定のない♂♀を迎えた都合・先天性の疾患を持っていたので繁殖はしない 以外にもしてよかったと分かった事がありました。。











ココからは若干デリケートな内容になります。
露骨な表現は控えたつもりですが、手術等に関して敏感な方はご遠慮いただいた方がよいかもしれません。。















・・・手術当日・・フィオーレを迎えに行き、手術の事や今後の診察予定を伺う為に診察室へ呼ばれました。
診察台には銀色の豆型をしたお皿(病院によくあるやつ^^;)に何かがガーゼをかけられて置いてありました。
「実はフィオーレちゃんの子宮の形が・・ちょっと気になるんです。。ご覧になりますか?」と先生。
「形・・ですか?...はい、見てみます」と私。
形がど~のと言われたところで大体が正常な形さえ分からないのですが^^;
ガーゼを取ると そこには摘出されたフィオーレの卵巣・子宮がありました。
(ちなみに卵巣・子宮共に摘出していただきました)


卵巣・子宮と説明をされた中で、子宮が普通よりも太くなりポコポコした部分が何個かありました。
普通はもっと細くてポコポコしたものはないそうなのです。
手術中も少量ですが膿があったらしいので『子宮蓄膿症』になっていたのかも?という事でした。

そのポコポコの部分を確認の為に私の目の前で切開してもらったのですが(私が承諾しました)、そこから膿は出ませんでした。子宮蓄膿症はそのポコポコからも膿が出るそうなのですが。。
今までもフィオの体調に思い当たる事はなかったし、この年齢(若年)でなることは珍しいそうですが、いずれにしても子宮の形が普通じゃなかったことは確かで、早目に避妊手術をしてよかったということでした。摘出してしまえば何も問題はないそうです。
傷口は子宮がこの様に太くなっていたこともあり、普通より1cmくらい大きめに切り5cmくらいの傷口です。。
それと、普通の避妊手術では術後の薬は出さないそうですが膿が見られたために術後5日ほど抗生剤を飲むことになりました。化膿止めの注射も打ってあるとの事。

家に帰って早速、ネットで犬の子宮の形を調べてみました。。
確かにフィオの子宮は子宮蓄膿症と同じ形でありました。
繁殖をしない・病気防止等を考えての手術でありましたが、まさか!すでにこの様な症状があったとは正直かなりビックリでした。。でも結果的に良いことになったので 無事に帰ってきたことだし、安心しました。



《追記》
若年では珍しいと言われた子宮蓄膿症・・確かに中年期以降気をつけるべき病気との記述が多かったですが、ヒート中(発情後期も含めて)に陰部からばい菌が入り子宮蓄膿症を引き起こす可能性もあるようです。そうなると年齢は関係ないのかもしれませんね。。
フィオは子宮蓄膿症の症状に当てはまる事は一つもなく・・ただ一度オリモノが出ていた事がありまして、でもそれは膿状ではなく透明のもので先生に伝えた所 蓄膿症とは関係ないと思うとのことでした。膿が出るイメージがありますが、子宮口が閉じている為に膿が出ずに溜まってしまうケースもあようです。フィオの場合は膿はあったものの初期だったのかそれほど多くはなかったと言う事でした。
ネットで検索するとたくさんの情報が得られますが、その子によって症状があると思うので敢えてこの病気に関するものは載せませんでした。。


021_20080726203428.jpg


余談ですが、うちはイリーもフィオも動物健保に加入しています。
健康な避妊・去勢手術では適用にならない保険ですが、今回 子宮蓄膿症ということで適用になりました。フィオは膝の手術でも健保で随分助かりました~^^;
逆にイリーは今年度は殆ど利用しなくなってきたので掛け捨てになりそうですが、健康に勝るものはないのでそれはそれで・・^^ヨシです♪




手術後のもう一つの心配^^;
甘えん坊に拍車がかかる
心配的中です
何かとく~んく~んと呼びつけ抱っこするとゴキゲンです
とにかく くっ付いていたいみたいです
頑張ったからいっぱい抱っこしてあげるよ
安心して眠ってね

019_20080726203359.jpg

020_20080726203420.jpg


予定では一週間後の抜糸です。
今はそれほど傷口も気にせずにおりますが、もう少ししたら気になりだしそう。。
そうしたらハラマっちからお借りした術後服を装着させます^^
来月以降 徐々に復活出来るかと思いますので^^/
新生フィオーレ♪イリー共々よろしくです~


009_20080726203446.jpg
フィオと遊べないから オレが赤ちゃんのときからのお友達ラスカルと遊んでるよ










スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
フィオちゃん、手術に踏み切ってよかったですね!
もしかしてその症状の影響で数値があがってたなんてことはないのかしら。。。
体調に影響が出たりする前に手術となり、今後心配がないということ
本当に良かったですね!!

フィオちゃん、がんばったもん。いっぱい甘えてね~♪
うちもかなり甘々でしたよ~
お疲れさま☆
3度目の正直で無事手術が成功してよかった^^です。病気の心配もなくなって安心ですね。
肝臓数値の件ではいろんな面からイリフィオママさんもがんばったんですね。
フィオちゃんも♪いっぱいがんばったね。
ママにたくさんくっついて甘えてね☆(ワカみたいだよ~笑)
元気になったらまた遊んで下さいね。
新生フィオちゃんがどんな感じになるのか、楽しみです^^♪
No title
無事成功おめでとうです!♪ 手術まではいくつか足止めがあったのですね。でも今回は3度目の正直で決行出来てよかったですね~☆
子宮蓄膿症の可能性、こんなに若くてもあるんですね…。ほんと、イリフィオママさんの決断が正しくて早くて良かったですね☆☆ 勉強になります。

うちも500越えだったALP(GPT)の時は薬の他に、今よりもっと淡白な食事を与えていました。やはり高蛋白高脂肪&赤身肉はNGみたいですね。炭水化物を多く取ったほうが良いとよく言いますが、大学病院では蛋白質を減らすということより、良質な蛋白質を与えることが大事と言われました。
白身魚も推奨してましたが、リリィが魚嫌いなのと、私が魚アレルギーなので食べたことがなくて調理?が出来ず(苦笑)、もっぱら白身肉でした。野菜はフードプロセッサーで砕かないと消化吸収できないみたいですね。

とにかくフィオちゃんが元気でよかったです♪♪
イリーくんは、フィオちゃんの完全復活まで待ち遠しいですね~。すごい長々と失礼しました…。
No title
ティアラままさま♪

女の子で子宮の病気は珍しくないので・・将来の病気の予防にもと思っていましたが、既になりかけだったとは終わった後ですがゾッとしました。。
色々考えて決めた事ですが、どこかに申し訳ない気持ちもあって・・でもこれが分かって、今後も安心ですし手術をしてヨカッターと胸をなでおろしました。

イリーと競って甘えん坊合戦です^^;
いつもはイリー優先ですが、今回ばかりはフィオが優先^^♪
一番頑張ったのはフィオですから☆

ジュエルちゃんも順調で何より♪
励みになります^^/




WAKAさま♪

春の時点ですんなり行くと思ってましたから^^;
三度目でやっと終わった~って感じです!

病気の予防も視野に入れての事でしたが、結果は病気の切除になり安心度が増しました。。

一番頑張ったのは今回もフィオです♪
ワカくんに負けないくらいの甘えん坊っぷりを発揮してますよ^^

今日からけっこう普通に元気になってきてるので復活したら遊んでね♪^^




リリィままさま♪

ようやく手術を終えることが出来ました~^^

イリーが肝臓の数値が若干高めと分かった時点でジャーキーを控えたりしていたし・・
ウチは運動量が多いし、食べる量を欲しがるんです。フードや蛋白質系のオヤツで量を補うと栄養バランスが偏るかなーと思って炭水化物や繊維質などで補うようにしていて、高脂肪ではないし赤身肉もめったに与えないので余計に何でかな~って不安でした。
お肉はフードに入ってるんで、うちでよく食べるお魚、(多かったのはカレイ)を必ずと言っていいほどトッピングしていましたからこれをちょっと減らしてみようと思いました。でも白身魚はいいんですね♪^^
それほど深刻ではないと思ったので^^;
学びもせずにこんな感じかな~~ってな気分で調整しただけで^^;;;
リリィままのブログも参考にさせて頂きました♪
とても助かったのでこの機会にお礼を申し上げます♪ありがとうございました^^*

体が小さいだけに食事の影響は大きいんだなぁって実感していますが、雑食で基本何でも食べさせているので血液検査ではちょっとドキドキなんです^^;
肝臓に関してはこれからも気を抜かず気をつけていこうと思いますのでまた頼る事があると思いますのでヨロシクお願いします^^v

生き物ですからね、体調もいろいろあります。。
コントロールで元気に過ごすことも出来るんですからその方法を探してあげることですかね。。
リリィままはとても研究熱心で頭が下がると同時に助かる事も多くて感謝しています^^*


おかえりなさい、フィオちゃん♪
手術の無事成功おめでとうございます!
甘えているフィオちゃん、すごく腕の中で安心しきった表情ですね。
もう少し安静期間が続きますね。がんばってください^^。
ウチも避妊手術は考えてますので、参考になります。本当は1回目のヒートを迎えたら…と思ってたんですけど、骨折がどうにかならないとムリですもんね^^;。あと1~2回はおヒート生活することになるかもです。。。
ウチはダンナ様の前犬が乳がんで亡くなっている(しかも術中らしい…)ので、婦人科系の病気の発症可能性が減るならば…と避妊手術を考えています。
確かに賛否両論ありますが、飼い主さんの判断に間違いはないと思っています。
フィオちゃん、早いうちに子宮の不具合がわかってよかったですね。
もうすぐイリフィオちゃんで走り回れますね♪
No title
まさかの子宮蓄膿症ですね。
3回目にして無事手術できてよかったです。
個体差があるものだから、一概に言えないんだなと勉強になりました。

フィオちゃんの甘えん坊、復活ですね♪
抜糸までうんと甘えるといいよ~。
イリーくんも許してくれるよね☆
ハラマちゃん術後服♪
我が家もお世話になりましたね~
術後経過もバッチリなご利益ありですから
ご安心を^^

さてさて、「ぽこぽこ」除去で一安心ですが
ぽこぽこ体質な可能性もありですから
健康チェック必要ですね


我が家のブロンズもぽこぽこ体質なようですが
(尻尾に超悪性のポコを先日カット済み)
現在は子宮筋腫以外めちゃめちゃ健康です!

最近ではワンコの「腸内環境」もフューチャーされてますから「食」の栄養で体質改善で問題クリアしていけそうね!
毎度本当に勉強させていただいて感謝です!!


No title
ひめさま♪

大丈夫と信じていても、、イタグレならではの注意を生意気にも先生に確認していても不安はあったので無事に終えて心底ホッとしました。

女の子は女の子特有の病気に罹ることが多いような気がするのでそれで防げるならば・・それにヒートの度に外出を制限しなくてはならないし、ヒート期間の体調の事などなど・・我が家もそんな理由もあり手術を決めていましたが、膝の手術があったので伸ばしている間にヒートがきてしまったんです~^^;
わさびちゃんちは♂の心配はないから、焦らず時期を待ってからでいいんですよ^^~

今日は絆創膏をしたままのくせにイリーにガウガウちょっかいを出して私に怒られています^^;
せめてもう2~3日は大人しくしていてほしいものです^^;



イオタ&ハラマさま♪

本当にまさか!でした。。
いきなりだったので、取ってよかったよと先生に言われて我に返りました。。
このまま放っておいたら・・と思うとぞっとしました。

神経質になることはありませんが、可能性っていい意味でも悪い意味でもあるんだなって思いました。でもまずは安心です♪

甘えん坊過ぎて抱っこでないと寝ません!!^^;




maaaさま♪

そうですね☆
縁起の良い術後服が守ってくれますね♪
とっても心強いです!!!^^v

やっぱり体質も頭に入れておいた方がよさそうですね。。
これまで膝以外にはトラブルに見舞われてませんが、知っておくに越した事はありません^^
腸内環境ですかぁ・・お気楽飼い主でも実行できそうなことからですね^^;;;

ブロンズ嬢の元気な姿にはいつも励まされ元気をもらっていますよ~♪^^
No title
フィオちゃん避妊手術無事成功で何よりです!
子宮の病気の可能性が有ったとは!2回目でめげずに避妊手術にチャレンジしたおかげですね!!
避妊のデメリットとしては、♂ワンコがマウントに来てくれないのでちょっぴり寂しい事ぐらいですかねぇ~
No title
ヒート中&発情期 
そんな 裏話があったとは ママさんも 大変でしたね
やっぱり ハートになってしまうんですね
勉強になりました。

『子宮蓄膿症』!!! わんちゃんにも いろんな病気があるんだぁー。 わんちゃんの子宮とか 全然考えた事なかったです まだまだ無知ですね もっといろいろと病気や健康について勉強しないと ダメですね。。反省。。
♂特有の病気とかもあるのかな??
でも フィオーレちゃん 結果的には 良かったですね
優しいイリー君も側についてるし ママ&パパの沢山の愛情で 回復に向かう事でしょう。


ご飯について 少し。。。
私は  手作りご飯なんです。 それがいいかどうかは わかりません。 ドックフードの方が 総合的な栄養バランスが取れると思うので 未だに 手作りご飯でいいのだろうかと 問いただしてしまうときも暫しあります。

 椎茸・こんぶのだし汁に季節の野菜を5種類ぐらい入れ 十五穀米と煮込みます
出来上がりに(ほどんどリゾット風)
馬肉 ゴマ 納豆 オリーブオイル コラーゲンこれを最後に入れてます。
たまに 馬肉の変わりに 生しゃけにしたりと。。。

ルイスの健康を管理しているのは ママである私と思うと 毎日の食事に とっても気を遣ってしまいます。
栄養は とれてるの?とか ちょっと痩せちゃったかな?とか 最近 太ってきたかな?なんて
人間もそうですが 食事って 難しいですね。
イリフィオママさんのブログ読んで もっと勉強しないとなーと思いました 



 
No title
フィオちゃん、ようやく避妊手術完了ですね。無事終って経過も良好なようで安心しました。
でも、子宮が?そういうこともあるんですね。我が家のフィオリも避妊考え続けていますが...もう一度だけパピーに挑戦して欲しいなと思っています。多頭飼いするならやっぱりフィオリの子供がいいなぁって思ってしまうので。
No title
こんばんは!
まずはフィオちゃん、順調そうで何よりですっ♪
もう少しで全快かな?

子宮蓄膿症・・・
怖いですねぇ~
悪くなる前に摘出できてよかったですね。
やはりフィオちゃんはラッキーな星の下に生まれているのでしょう。

結果的に保険適用はママさん的にもラッキーねっ♪
良かったですね~
フィオーレちゃん、無事に手術が終わって、おめでとう。
良かったですね~。
しかもそこまでにいろいろ苦労があって、飼主としては気が気じゃなかったでしょうね。
フィオちゃん、小さな体でよく頑張りました~。

避妊や去勢手術は絶対に必要なものではないですから、飼主さんは悩むところでしょうけれど、
一緒に暮らしてずっとそのわんこを見ている飼い主が、これからも一緒に快適に暮らすためにと決断することなので、どちらを選んでもその子のためになるんじゃないかなと思います。

フィオちゃんは異常も早期発見できて、手術して良かったですね~。
いっぱい抱っこしてもらって、甘えてね~☆
No title
サンチチさま♪

めげずに三度目・・というか^^;
イリーとくっ付いちゃわないように!これが一番心配でした~^^;;
でも結果的には病気の事が一番幸いしたので良かったです~♪
サンちゃんウィンちゃんの事を伺っていたので色んな意味で心構えが出来たんですよ。
ありがとうございます^^v

マウントされようが、、やっぱりモテる娘の姿もまんざらじゃないってことですね~^^*

♂はオカマとか言われちゃいますが♀は何ていうんでしょうか~??^^;




ルイスママさま♪

人間と同じように犬も病気になりますからね。。
犬には理性とかないので血縁なんて関係なく発情期が来たら反応します。。。
♀が主導権を握ってるんですよ^^;
イリーはお願~いって^^;
フィオはオシリを突き出すし^^;;;
時期が終わった途端にガウガウですから~(笑)
常に見張っていました、、疲れました。。
♂にも♂の病気がありますが・・♀の病気の方がよく聞くような気がします。。?

食事については気になりだすとキリがなく・・諸事情もあって私は半々でフードを使っています。
今回変えたフードは手作りの延長みたいなフードなのでなかなか気に入っています。
半分でも手作りを与えるなら、もっと勉強をしなくてはならない・・と思うんですが^^;
かなりアバウト^^;;;;
もし気になるのなら一度、栄養士さんやサイトで相談などをしてみてはいかがでしょう?^^
人間と犬とでは必要とする栄養が異なることもあるので本当は私も学ばなくてはなりませんね^^;;

ルイスママは頑張って美味しいご飯を作っているからルイスくんとっても健康そうに見えましたよ♪^^





od-boyさま♪

やっと^^;終わりました!
イリーのストレスも考えてのことでしたが・・結果は病気の事が一番になり手術後はホッとして疲れがドッときました^^;

体のつくりからして女の子は病気の心配が多いように思います。
我が家は純血種のブリーディングに関して、また目に見えない遺伝的疾患の要素、出産のリスク等 繁殖についてはとってもデリケートなものと考えているんです。
なので繁殖については考えてはいませんが・・と言うか私が変わり者なんでしょうね^^;
我が子(犬に関して)はいつまでも子どものままでいて欲しいと思うので^^;親にならないで~と思ってしまうんです^^;;; ヘンデスネ(汗)
兄弟・姉妹も悪くないですよ^^v
手術に関してはよく言われるように賛否両論。
私たち飼い主が一番と思う判断でよいと考えています^^
ちなみにイリーは去勢はしていません。




CHASEさま♪

もう少しの間・・大人しくしていてくれぃ!と思うほど・・元気を取り戻してきました、、が、まだ糸がついていますのでヒヤヒヤです~^^;;;

将来的に病気が防げれば~という考えもあっての手術でしたが・・結果は病気の切除になり、延び延びだった手術が出来て心底ホッとしました^^

でも子宮蓄膿症の処置があったり、検査を重ねたので^^;健康な避妊手術くらい費用がかかりました~^^;;
でもフィオが元気に戻って何よりです!!!^^





りゅっくママさま♪

やっとこさ終わりホッとしました^^;
子宮蓄膿症と言われた時は、もっと早くに具体的に手術を考えていれば・・という思いもよぎりました。。
イリーは未去勢なのでヒート期間はみんなが可哀想な状態になりましたし~~;;
フィオには痛い思いばかりさせて胸が痛みましたが、結果的にフィオにも良かったのでいっぱい甘えさせて元気に復活してもらおうと思います♪^^



















お疲れさま
無事手術も終わって良かったですね。
私もANNの手術を決めようと思っていますが
手術までの間に心が揺らぎます。。。
でもやはり子宮蓄膿症になるワンコが多いことをよく耳にすることで段々と気持ちが固まってきました。
フィオちゃん良かったね~^^
順調に回復することを願ってます!
フィオちゃんいかがですか?
フィオちゃん、やっと手術が終わったんですね。
よかった~。
そして、副産物として、治療もできたんですね。
これで安心ですね。
それにしても、フィオちゃんの通っている病院では、ちゃんと取りだしたものを見せてもらえるんですね。
何もなかった場合も見せてもらえたのでしょうか?
そこまでしてもらえると、安心して任せられるような気がします。いいですね~。
あとは、ハラマちゃんの術後着を着て、セルフ抜糸をしないようにして、早く治して、
また、水元公園&河川敷で遊んでくださいね~。

No title
norimakiさま♪

無事に終わりとにかくホッとしました^^

ANNちゃんもお考えなんですね。
確かに・・健康な体に人間の都合でメスを入れる・・って残酷だし、、いいの?ってひっかかりますね。。
今日もお散歩で、老年になって子宮の病気に罹った話や先日はお友達から若くても子宮蓄膿症で亡くなってしまった話を伺ったり、友達のワンコも去年子宮蓄膿症で危なかったんです。。
必ずなる病気ではないけれど、確率が高く?繁殖しないのなら手術をした方が日常生活や健康管理の面でもいいのかなって思いました。
不安はあると思いますが、あっという間に元気になりますよ^^
一時の辛抱でこれからの方が長い時間を快適に過ごせるからと自分自身に言い聞かせた私です。

もしその時がきたらANNちゃんも頑張ってね!




ぽっちさま♪

やっと終わりました^^;
将来の病気の予防にもと思ってはいましたが・・まさかすでに症状アリとは驚きましたけれど酷くならないうちで本当に良かったです。。

たぶん何もなければ、申し出ない限り摘出したものは見せてくれないと思います。
TVの手術シーンは苦手な私ですが、、この時は身を乗り出してしっかり見てしまいました^^;
確認できてよかったと思います。
犬の子宮ってV字型でした。(マメ知識^^;)

今のところ傷は気にせず、、、カブレを心配していたのにあまりに動くので、傷口が開く~~と心配しています^^;;;
心なしか縫合がずれてきた気が・・・^^;;;

遊びたくてウズウズのようですので、また地元で遊んでくださいね~^^♪


フィオちゃん無事に終わったのですね☆
おめでとうございます~
そしてイリフィオママさん。
たくさん気を遣って、心配をして、
とても体力と気力が必要だったでしょうね。
ひとまず安心ということでお疲れさまです☆

三度目の正直になって本当に良かったのです。
そして子宮蓄膿症の症状がひどくなる前に
摘出ができて、本当に良かったですね~

絆創膏貼ってもらったんですね☆
我が家の小太郎の時は絆創膏などなかったので、
縫った糸がピロピロ見えていて痛々しかったです。
抜糸が終わって全快したら、またどこかで遭遇しましょう☆
事前の打ち合わせなしに、遭遇できると思いますので(笑)
太郎さま♪

優しいお言葉ありがとうございます^^
小太郎君の手術の記事を見て、次はフィオの番だぁって思っていました。
小太郎君も一回は延期になってるんですよね~^m^
それを見てうちも意識しないように平静を装いました!

絆創膏なしのエリカラなのかな~って思っていたのですが逆でした^^;
絆創膏は三日で剥がしました。
カブレ易いので心配でしたが、かぶれることなく快復に向かっています^^v

今度はドコで会えるでしょうかね~^^*
成長した小太郎君を楽しみにしています♪^^
プロフィール

イリフィオママ

Author:イリフィオママ
illy・・・2006/1/28生♂
fiore・・・2007/6/9生♀

illyはいくつになったの
fioreはいくつになったの
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2ブックマーク
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。